fc2ブログ

天然記念物 2022年11月27日 下総 トラックバック:0コメント:1

千本公孫樹。

京成八綿駅からすぐのところに、立派な神社があります。

22-1125.jpg

22-1125A.jpg

ここ葛飾八幡宮は寛平年間(887年~898年)に宇多天皇の勅願により、
京都の石清水八幡宮を勧請して建立されたと言われています。

22-1125B.jpg

古来より源頼朝、太田道灌、徳川家康など、その時代の有力な武人から崇敬されてきた社です。

22-1125C.jpg

22-1125D.jpg

本殿の横には樹齢1200年とという銀杏の樹が聳えています。

22-1125E.jpg

国指定の天然記念物《千本公孫樹》です。

22-1125F.jpg

根元から幾本にも別れた幹の姿から名づけられたそうです。

22-1125G.jpg

完全な黄葉ではありませんが、久しぶりの千本公孫樹に感激したものです。

9-0104F.jpg

八幡周辺には古くからの飲食店が多く、永井荷風が通ったトンカツ屋とか、
井上ひさしがお気に入りだった中華店など、昭和の良き文化がまだ残っている街でもあります。
この「蛍明舎」という店も村上春樹が好んだ喫茶店です。

9-0104H.jpg

中はご覧のように落ち着いた洋風の設え。
八幡に来ると大概この蛍明舎で一休みすることにしています。

9-0104I.jpg

今日はカフェオレをいただきましょう。
スイーツのメニューも豊富ですな~。

それでは・・・・杏のタルトを(*'▽')





スポンサーサイト



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

シャンソン歌手 2022年11月25日 音(他) トラックバック:0コメント:16

平野レミ
平野レミさん、今では料理研究家として知られていますが、
もとはシャンソン歌手と聞いて、驚かない方は居ないと思います。

シャンソンを歌っていた時代、
私はどういうわけかそのライブを見に行ったことがありました。
日比谷の小さなホールでした。
平野レミさんが目的ではなく、一緒に出演する水森亜土さんに興味があったからです。

水森亜土さん、覚えてますか?
歌を歌いながら透明なアクリル版に絵を描くという、
独特のパフォーマンスでブレイクしたイラストレーターです。
NHKの「たのしいきょうしつ」で全国的な人気となりました。

この「あどちゃん」がシャンソンのリサイタルをやるというので、
チケットを買ってしまった若き日のナンテイです。
共演が平野レミさんだったわけでして、
レミさんもラジオ番組の「男が出るか!女が出るか!」で人気のタレントでした。

この二人に石井好子さんという本格シャンソン歌手の組み合わせでしたから、
ファンには評判のリサイタルだったようです。

さて、二人の歌は別としてその掛け合いには大笑いでした。
二人とも早口でマイペースですから途中で何を言ってるのか、しっちゃかめっちゃかになり、
まるで漫才のような舞台になってしまいました。
おかげで二人の歌はむろんのこと、石井好子さんの歌声すら忘れましたが、
幸いにもyoutubeで平野レミさんのシャンソンを聴くことができます。

えーっ!これがレミさん???
ぜったい驚かれることでしょう。









テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

上総の 2022年11月23日 上総 トラックバック:0コメント:20

紅葉狩り。

前回でもお話しましたが、房総は本州で最も紅葉が遅いところです。
11月も後半になりましたが、北寄りの千葉市がやっと色づいた程度です。
南はどうなんでしょう。

そこで房総半島の中ほどにある鹿野山へ出かけてみることにしました。
山だったら南でも紅葉が始まっているのではないかと思ったのです。
鹿野山は標高379m。
低山ばかりの房総では鴨川の愛宕山(408m)に次ぐ高い山です。

登ってみると殆ど色づいていません。
杉が多いこともありますが、やはりまだ紅葉に適した気温ではないのでしょう。
まあ、予想していたことなので気落ちはしません。
それより鹿野山といえばこれ。

22-1119F.jpg

九十九谷の眺望が人気なんです。

22-1119G.jpg

展望台からは低山の連なりが一望に見渡せて、
特に朝霧がたなびく様子は、写真愛好家たちを吸い寄せています。

九B
(写真は借用したものです)

今回はもうお昼どきとあって霧はとっくに払われ、有名な絶景を拝むことは出来ませんでしたが、
低山の連なりを見下ろすのは気持ちの良いものです。
持参したお握りを食べながら、とっくりと堪能しました。

展望台の近くにお寺が見えます。
山門のあたりに紅葉が!

22-1119.jpg

鹿野山神野寺というそうです。

22-1119A (2)

それにしても予期しない紅葉にはびっくりですね。
何はともあれ参拝しましょう。

22-1119B (2)


22-1119D.jpg

とても風格のある寺院ですが、由来を見ると今から1400年前、
日本で4番目に聖徳太子によって開かれた関東最古の名刹とありました。
今まで知らなかったこと、恥ずかしく思います。

22-1119E (2)

しかし、長年住んでいる房総もまだまだ訪れてない景勝地や、
古刹、史跡が如何に多いか・・・
もっと近くに目を向けるべきと、思わされた一日でした。




テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

下総の 2022年11月21日 下総 トラックバック:0コメント:18

紅葉狩り。

本州で最も紅葉の遅いのが千葉県といわれてます。
それほど温暖なところなんですね。
紅葉するのが遅くて、それが長く続くというので、
けっこう紅葉狩りの観光客が多いのです、晩秋から師走にかけて。

もっとも有名なのは養老渓谷の紅葉です。
そのほか富津の紅葉ロード、成田山公園など・・・
でもそんな名所に行かなくても、紅葉を愛でることが出来るのでして。

例えば歩いて30分足らずのところにある千葉公園。
ここでも充分に紅葉を堪能することが出来るのですよ。
11月も半ばですから、そろそろ見ごろかも知れません。
行ってみましょう。

22-1116.jpg

ここは千葉公園で最も有名な大賀蓮の池です。
すっかり枯れていますね。
でも後ろの木々はまだ色づきが遅いようです。

22-1116A.jpg

奥に続く道はそれなりに紅葉していますが。

22-1116B.jpg

池の周りは緑の方が目立ちますね。
松や檜などの常緑樹が多いからでしょう。

3-1121A.jpg

ただ、高台にある茶室「好日亭」は見ごろになっていました。
ここは茶会とか句会が催される日以外は、敷地内へ入れないようになっているのですが、

3-1121D.jpg

紅葉の時期だけ解放されているようです。

3-1121H.jpg

いいですね。書院造りと紅葉の風景は。

3-1121G

東屋から覗く紅葉もなかなかの風情ではないですか。


22-1116C.jpg

池畔には洒落たカフェがあります。
「カフェ・ハーモニー」は年に一度は訪れていますが、
眼前に水辺のある風景はとても落ち着きます。

22-1116D.jpg

もっと紅葉が深まれば言うことなしですが、
「好日亭」で良しとしましょう。



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

ナチュラリイ7 2022年11月19日 音(洋) トラックバック:0コメント:14

Be still, my soul

またまたナチュラリー7です。
楽器の口真似グループですが、そのパフォーマンスより痺れたのがボーカルの素晴らしさで、
すっかり度肝を抜かれてしまいました。

そのクリアーで艶のあるハーモニーは、
歴史に残るアカペラ・グループ、テイク6やボーイズⅡメンと遜色ありません。

その曲とは。
フィンランドの国民的作曲家、シベリウスのあまりにも有名な《フィンランディア》。
その中で後に「フィンランディア賛歌」と名づけられた美しい旋律を、
R&Bにアレンジした《Be still, my soul》です。







テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »