市川 2018年06月18日 美術 トラックバック:0コメント:18

東山魁夷記念館。

8-0614.jpg

京成本線中山は日蓮宗大本山「法華経寺」の門前町である。

8-0614A.jpg

その法華経寺の境内を横切り、住宅街のだらだら坂を登ったところに、東山魁夷の業績を記念する建物がある。
東山魁夷はあまりにも有名な大家なので、逆に関心の薄い画家だったが、
どういう風の吹きまわしか、その記念館を覗いてみようと思ったのだ。

8-0614B.jpg

8-0614C.jpg

何の前知識も無しに来てみると、まず西洋の館さながらの佇まいに驚いた。

8-0614D.jpg

記念館の一階は東山魁夷の生涯を俯瞰できる展示室。
二階には三十点あまりの作品が飾られている。

東山

東山魁夷といえば、湖面に木立が映った上下対称の作品で知られている。
いずれも静謐で厳しい風景画だが、

東山2

生活の匂いがする「古道具屋」のような静物画も描いていて、
もちろん日本画家として水墨画も何点か残している。

8-0614E.jpg

同じフロアにシックな休憩室があり、下のカフェから珈琲などを運んでもらえるそうだ。

8-0614F.jpg

8-0614G.jpg

1階の奥にはカフェがある。「葵カフェ」という。
カフェというより館のダイニングルームといった趣で、表には庭園を望むテラス席も。

サンドウィッチと珈琲を注文して、そのテラスでゆったりしようと思ったのだが、
この日は風が強く、ウェットテシューが飛んでゆくような始末。
結局、室内で食べることになった。

8-0614H.jpg

サンドウィッチは、お笑いあれ。
またぞろ卵サンド!
卵というよりオムレツサンドである。

生クリームで溶いた卵をスクランブルした、ふわとろのオムレツは品のある薄味で、
添えられたケチャップを少量付けながら口にすると、まことに極楽の味わいであった。

絵画に興味のある方でなくても、上質の時間を過ごせるこの記念館。
親しいお仲間と一度は訪れてほしい所だと思う。


東山魁夷は亡くなるまでの半世紀を市川市で過ごしている。
ちなみに市川市は文人、芸術家が多く住んでいたことで知られている。
北原白秋、永井荷風、五木寛之、井上ひさし・・・
また彫刻の大須賀力など枚挙に暇が無いほどである。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

六月 2018年06月16日 俳句 トラックバック:0コメント:20

青田。

房総の田植えは早い。
五月の連休には田んぼの八割方で、早苗の列が揃っている。

3-0429V.jpg

六月ともなると膝丈ほどに伸びた苗が、折々の南風(みなみ)に波立つ様は、
まこと「瑞穂の国」ならではの喜ばしい光景である。

3-0619A.jpg

下総に山はなかりし青田波

3-0619D.jpg

白鷺の心頭滅却青田風

3-0619G.jpg

青田道極彩色の宣伝車

3-0619H.jpg

青田波にもありけり人の好き嫌ひ

3-0619J.jpg

田水湧く田の神さまへ飯茶碗




テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

愛犬のために♪ 2018年06月14日 音(古) トラックバック:0コメント:18

ミーナ。

犬を題材にした音楽作品はそう多くありません。
知られているのはショパンの「子犬のワルツ」ぐらいでしょうか。

他にはフランスの作曲家、エリック・サティが「犬のためのぶよぶよとした前奏曲」という、
インパクトある題名の作品を残しています。
聴いてみましたが、ほんとうにぶよぶよした老犬が歩いているような、重く物悲しい音楽でした。

もう一曲がイギリスの作曲家エドワード・エルガー。
彼の生涯最後の作品となった小品のタイトルが「ミーナ」でした。
愛犬家で知られたエルガーの飼っていた数頭の犬のなかでも、一番可愛がっていたと言われるテリアのミーナ。

曲を聴くと、エルガー氏のミーナに向けられた温かい愛情を感じるとともに、
切なく美しいメロディは犬との短くて儚い時間をも思い起こさせます。

そして、つい私の愛犬のことも思い出します。
名前は「りん」。黒柴の女の子でした。

りん2
ILLUSTRATED BY NANTEI

十五年前に亡くなりましたが、そっくりの小さなぬいぐるみを買って、
今でも時々話しかけたりしています。
犬バカは、いつまで経っても直らないようです。

それでは、エルガーの「ミーナ」、お聴きください。




テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

昭和日和(其の十八) 2018年06月12日 漫歩 トラックバック:0コメント:10

宿場通り商店街。

久しぶりの下町探訪である。
今回は青春時代に何度か遊んだ北千住。
もう40年前のことだから、当時の面影が残っているかどうか。

予想どおり北千住駅は、高層の駅ビルに。
駅前も丸井をはじめ新しいビルが立ち並び、初めて訪れたような街に変貌していた。

8-0607.jpg

駅前通りを西に数分ばかり歩くと、昔からの商店街が残っている筈だ。

8-0607A.jpg

やがて懐かしいアーチが見えてきた。
「宿場通り商店街」はその名のとおり、宿場の名残である。
江戸時代、千住宿は日光街道の起点だった。

芭蕉もここから奥の細道へと旅立ったのである。
千住を発つとき詠んだ「行春や鳥啼魚の目は泪」は有名だが、旅立つ高揚感が無いのは何故だろう。
旅慣れた芭蕉でも初めての陸奥(みちのく)、しかも年齢への不安とともに、永の惜別かという思いが去来したのだろう。

8-0607B.jpg
8-0607C.jpg
8-0607D.jpg8-0607E.jpg

40年前と様変わりしていたのは当たり前だが、
いかにも宿場町らしい古い建物はいくつか残っている。
ただ、生活の匂いがしない商店街だった。

8-0607G.jpg

再び駅前に戻る。
ここには数百メートルに及ぶ飲み屋街がある。
昔お世話になった居酒屋がまだ健在だったり、何より変らない猥雑さが懐かしい。

8-0607H.jpg

外れまで歩いていると、昼飲みの店も何店かあったりして目の毒である。

8-0607I.jpg
8-0607K.jpg

この飲み屋街は全て2階建ての、長大な長屋である。2階は住居だろう。

8-0607K2.jpg

ところどころにある細い通路から、裏へ抜けることができる。
この長屋の裏がまた良いのだ。

8-0607M.jpg

いろんな配管がむき出しになったその隙間に、間口の狭い店が挟まっている。
これぞ昭和の遺物といった光景である。

8-0607N.jpg

さて、順序は狂ってしまったが、ランチは珍しいところで戴いた。
先の宿場通り、そのまた路地で見つけた「デリ・コッペ」という洒落た店。
コッペパンに、食べたい具材を挟んでくれる。

フォアグラ、ポークステーキ、チキンカツなど、メニューは十数種類。
フォアグラもいいな・・・迷った末に「生ハムとシーザーサラダ」「こだわり卵」に決めた。

8-0607O.jpg

二階が気持ちいいそうだ。
なるほど、近くの若いママ友たちが集まりそうな空間。

8-0607P.jpg

コッペパンは小さいが、具材を挟むとボリューム十分である。
たっぷりの卵サンド、幸せ!

いつもは、おやじっぽいラーメン屋などで済ますのだが、
どうした風の吹きまわしか、そぐわない店に入ってしまったようだ。


テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

赤提灯(86) 2018年06月10日 酒肴 トラックバック:0コメント:26

今年もながらみ。

やっと「ながらみ」に会えた。しかも特売の品。
このところなかなか手に入らないので、わし掴みにする。

ナガラミA

ざっと水で洗ったら、沸騰したお湯(塩少々)で数分煮る。笊にあけて冷ます。

ナガラミB

爪楊枝で身を取り出すのだが、一番奥にある肝が千切れないよう用心深く楊枝を使う。
この肝が最も美味しい部分なのだ。

ナガラミC

鯛の柵はとろろ昆布をまぶしてラップにくるみ、冷蔵庫で半日寝かす。
これを、とろろ昆布がついたまま食べる。
ほのかな昆布の旨みが、なんともいえない。

ナガラミD

糸三つ葉と油揚げの煮びたし。
数センチに切った三つ葉と細切りの人参、油揚げを薄めたつゆの素、味醂でさっと煮た。
おかずのようだけど、つまみとしても十分にいける。
ま、南亭は何でもつまみにしてしまう方だが。

ナガラミE

最後に多種野菜の和風ピクルス。
白だし、酢、砂糖少々、赤唐辛子を沸騰させて、冷ましたつゆに、
大根、人参、胡瓜、セロリ、パブリカ、ニンニクを漬け込み、一日冷蔵保存する。
さっぱりした漬物である。

ナガラミF

いよいよ関東も梅雨入りだ。
梅の実が黄色く熟するころ降ることから「梅雨(ばいう)」と呼び、
物みな黴を生ずるので「黴雨(ばいう)」とも書く。

なにひとつ映してをらぬ梅雨の川
(紀)


テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

 » »