六月詠 2018年06月29日 俳写 トラックバック:0コメント:18

飯の汗。


2-0825B.jpg



2-0825F.jpg



2-0825G.jpg



2-0825D.jpg



2-0803A.jpg

飯の汗。
基本季語は「飯饐ゑる」。
冷蔵庫の無かった時代は、暑さのためご飯が汗をかいて饐えることが多かった。


スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

五月雑詠 2018年05月29日 俳写 トラックバック:0コメント:22

耕し。

爽やかな五月も間もなく終わろうとしています。
九州、四国は梅雨入りだそうで、おっつけ関東も鬱陶しい季節になるでしょう。
今月も過ぎ行く皐月の一コマを、写真俳句に仕立てました。

類型があるような、またひねりすぎたような。
あいかわらず、消化不良の詠みでございますが。

40428.jpg



70525.jpg



51106.jpg



60721X.jpg



30515.jpg



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

四月雑詠 2018年04月29日 俳写 トラックバック:0コメント:20

えいぷりるふーる。




5-0418X.jpg




2-0419-30.jpg

丹後半島に伊根という漁村があります。
近年、重要伝統的建造物群保存地区として、脚光を浴びるようになりました。

それは独特の舟屋群の存在によります。
舟屋とは海に面した1階を漁船の収容場所に、2階を居室に使うといった独特の建物のことで、
舟屋の集落として現存するのは神奈川県子安と新潟県筒石、 そしてこの伊根だけになってしまいました。

特に伊根の舟屋は現在230戸を数える、奇観と言っていいほどの集落で、
私は6年前の春、出雲大社から鳥取を経て、ここ伊根まで一人旅をしたことがあります。

9-0406S.jpg




2-0521B.jpg




7-0503-1.jpg



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

春に逝く 2018年03月29日 俳写 トラックバック:0コメント:20

忌日。



7-0320X.jpg

天正十九年陰暦二月二十四日、千利休自刃。


7-0424M.jpg

元和元年陰暦二月三日、高山右近マニラで病死。
高山右近は戦国のキリシタン大名として有名ですが、築城の名人でもありました。
最後に縄張りしたのが富山の高岡城。その城址に今も残っている石垣には十字やラテン語が多く刻まれています。

10120.jpg

元禄十六年陰暦二月四日、大石内蔵助切腹。


6-0308-2.jpg

昭和八年二月二十日、小林多喜二獄死。


3-1116X.jpg

昭和三十年二月十七日、坂口安吾病死。


「願わくば 花の下にて 春死なん その望月の如月の頃」
昨年4月に亡くなった義兄が、最も好んだ西行の歌。
その願い通り、やまぬ落花の中で息を引き取りました。

お別れの式場には、この歌が大きく飾られていました。

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

二月詠 2018年02月28日 俳写 トラックバック:0コメント:20

猫の恋。



2-1220L.jpg




7-0726C.jpg




4-1212B.jpg




3-1028F.jpg



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

 » »