裏食堂「南亭」 2017年10月15日 料(洋) トラックバック:0コメント:20

贅沢サラダ。

ローストビーフなるものを初めて買った。
ワンコインでお釣りがくる値段だったからである。
もっとも肉類大安売りの日だったが・・・

安いとはいえローストビーフさまである。
そのままぺろりと平らげるだけの度胸はまだない。
そこで長い時間を楽しめるように、サラダ仕立てという姑息なことを考えたのである。

野菜庫に残っていたサニーレタスで上げ底し、ローストビーフさまを座らせる。
玉ねぎスライスをたっぷりかけて、かつ貝割れを散らし、一見きらびやかな一皿に仕立てるのだ。
ソースは添付のものを醤油で伸ばしてかける、といったいじましい一品である。

ローストB

見た目豪華にして、そのいじましさに涙ぐむ。

次は鶏肉としめじのソテー。

ローストB2

さいころに切った鶏肉をオリーブオイルで炒め、それにしめじ、ピーマンを加えてさらに炒める。
味付けは塩・胡椒、仕上げに赤ワインをさっと加えます。

最後に一つ覚えのトマトソースパスタ。

ローストB3

トマトソースは砂糖を少量使うと、こくが増すと南亭は思っとります。

ローストB4

食欲の秋というが、私は秋に限らず四季を通じて食欲の衰えを知らない。
風邪で40度近い高熱に襲われた時以外は。

そういえば昨年入院した時も呼吸切迫の状態でありながら、
病院食を完食していたという奇跡的な人間である。
たぶん、それは、戦後の食料難で食べ盛りを飢餓状態で過ごしてきた「後遺症」なのかもしれない。
ひもじさの恐怖が今も抜けないのである。

俗に色ボケ・食いボケ・金ボケというが、私が認知症になったら、
「食いボケ」間違いないぞと、連れ合いに覚悟を迫っている。


スポンサーサイト

テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

伊太利庵 2017年09月24日 料(洋) トラックバック:0コメント:18

青汁スープ。

モロヘイヤをどっさり頂いたので、湯がいてからどろどろになるまで叩いて冷凍する。
これを少しずつ解凍して、醤油と削り節で食べるのが我が家の流儀である。
たまにはスープに加えたりもしている。

もろへいあ

玉ねぎのコンソメスープにどばっとぶち込むのである。
どろどろっとした液体が舌から喉を通過して、胃に落ちてゆくその感触がたまらないのである。

もろへいあA

パスタもこれ以上ないという手抜きで、茹でたパスタをオリーブオイルと塩で軽く炒めたら、
残っていたポテトサラダを乗っけるだけ。マカロニサラダのスパゲッテー版だ。
よく混ぜたら胡椒をきつめに振って食する。

もろへいあB

サラダは「ピーラー大根サラダ」。
ピーラーで削った大根と水菜、それに蒸した鶏ムネ肉の上に温泉玉子を乗せる。
オリーブオイルと醤油、酢、少々の砂糖、粒マスタードのドレッシングがお勧め。

もろへいあC

このところ、急に朝晩の冷えが増してしきた。
肺炎で入院してからまもなく一年になろうとしている。
この冬を無事に過ごさなければ。


ピーラー大根をパスタに見立てた料理を作ったことがある。
「大根パスタのぺペロンチーノ」

たこいんげんA

ダイコンパスタ・レシピ
①大根三分の一をピーラ―で削る ②削った大根はオリーブオイルをまぶしてレンジで2分加熱
③フライパンでオリーブオイルを熱しニンニクみじん切り、赤唐辛子一本を炒める
④次に浅蜊1パック、ベーコン3枚分細切り、パブリカ半分乱切りを加える
⑤浅蜊の口が開いたらさきほどの大根を入れてよくなじませ
⑥塩少々で味を調えてから器に盛り、粗びき胡椒をふって完成

お試しを・・・


テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

柄にもなく 2017年08月24日 料(洋) トラックバック:0コメント:22

ワイン煮込み。

非常に安く牛筋肉を手に入れた。
居酒屋「南亭」としては味噌煮込みがお似合いだが、何を狂ったのかワイン煮込みを思い立ったのである。
柄にもないとはまさにこういうことだ。

作り方はいろいろあるようだが、どれも手間のかかるレシピばかり。
横着な店主はたちまち作る気を失い、牛筋肉は冷凍庫でお茶を引くことになった。
冷凍庫から取り出したのは、それから二週間後だった。

ワイン煮込みに挑戦する覚悟が出来たのである。
まず牛筋の臭みを取らなければならない。
生姜を入れた熱湯で湯がく。

ざるにあけて冷ましたら一口大に切る。
次はニンニク、タマネギ、ニンジンをみじんにして、圧力鍋で軽く炒める。
そこに牛筋と赤ワインを入れて、圧力をかけるのである。

圧がかかったら、更に弱火で20分加熱する。
それから鍋の蓋を取って、カットトマト、シメジ、ウスターソース、コンソメ顆粒、胡椒、それにローリエの葉っぱを一枚。
これでまた弱火で20分ほど煮ると、とろとろの牛筋ワイン煮込みが出来上がるというわけだ。
あ、南亭では砂糖も少々加えているが。
ともかく、長時間の料理は疲れること夥しい。

牛筋A

私の記憶が正しければ・・・(「料理の鉄人」で流行ったね)。
桜の季節、茅場町《WALL STREET》で食べた牛筋のワイン煮と遜色がない。
・・・と思う。

南亭特製の「ねばねばサラダ」も作る。
サニーレタスの上にオクラ、ナメコ、ワカメ、イカそーめんなどの粘り気のある食材を乗せたサラダである。
このほかモロヘイア、抵抗がなければ納豆を加えてもいいだろう。

牛筋B

粘り気はムチンという成分で出来ている。
このムチンは消化を助け疲労回復に効果があるという。
夏バテになりがちなこの時期、お奨めのサラダといえるだろう。

ポン酢にオリーブオイル少々と粒マスタードをブレンドした、さっぱり系のドレッシングで頂こう。

牛筋C

ムチンは体に良さそうだが、無賃には手を染めないように願いたい。


テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

裏町食堂 2017年08月13日 料(洋) トラックバック:0コメント:8

手羽先の先。

みなさん、手羽先を調理するときはどうしてますか?
「南亭」では手羽先のまた先端、手羽端というそうですが、ここを切り離してから焼いたり煮たりしています。
切り離した手羽端は出汁取りに使うため、冷凍保存しておきます。

その冷凍手羽端が目だって多くなったものですから、食費を抑えるためにもと相当数を料理することにしました。
特に変わった料理でもありません。塩・胡椒で皮がカリカリになるまで炒めるだけです。
途中でピーマンやパブリカを加えてもいいでしょう。

てば

手羽端は、はっきり言って食べるところが殆ど無いようですが、
念入りにしゃぶると、香ばしい皮あり軟骨にへばりついた肉ありで、
二十本あまりの手羽端はなかなかの食べ応えというか、しゃぶり応えがありました。

次も余り物でいきます。「メンタイシソパスタ」です。
オリーブオイルでニンニクとベーコンを炒め、白ワインとコンソメでソースを作っておきます。
そこに茹でたばかりのパスタと大葉、そして冷凍庫の片隅で忘れられていた一腹の明太子をほぐして、
よく混ぜたのが我が家で言う「メンタイパスタ」です。

てばA

お味は・・・
ひじょーに美味しいです!

てばB

サラダは毎度おなじみの「アボカドサーモンサラダ」です。
アホの一つ覚えと言われてますが・・・あはは’

てばC

まだまだ暑いですね。
この間なんか37度を超えまして、外へ出たとたん焼かれるかと思ったほどです。
熱中症にはくれぐれも気をつけませう。

言ってる本人がいちばん無用心という声もありますが・・・


テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

伊太利庵 2017年06月16日 料(洋) トラックバック:0コメント:26

ハーブで。

ときどきハーブを使った料理をする。
ハーブといっても、我が家のベランダで放置しているローズマリー、
あるいは庭のローリエぐらいのものだから、どうということはないが。

この日はポークソテーにと買っておいた豚肉を香草焼きにしてみた。
肉の筋をよく切って塩胡椒したら、ローズマリーの先っぽ二本とニンニクスライスとを一緒にソテーする。
両面よく焼けたら、最後に白ワインを加えて沸騰させるだけの代物である。

ポークA

ローズマリーは樟脳に似てきつい香りがする。
肉の臭みを押さえる他、認知症や育毛にも効果があるようだ。
ならばもっと早くから多用すればよかったと悔やまれる。

ポークB

一つ覚えのごとく、アボカドとサーモンのサラダ。

ポークC

トマトソースのパスタ。
トマトソースは鍋いっぱいに作って、冷凍保存している。
そのつど解凍して数回は使えるし、不意の来客もこれで間に合わせることがある。

ポークD

イタリア料理が多いのは、娘の影響によるところが大きい。
2年間シエナに留学し、自炊のためイタリアの家庭料理を覚えたからである。
帰国してから、娘の料理を真似るようになったのは言うまでもない。

むろん、娘のほうが数段に上手で、見せ方もおしゃれだが。

4-0524.jpg

イタリアではこんな話がある。
最初、日本から持っていった味噌汁を飲んでいたそうだが、そのうち下宿の住民が騒ぎ出したらしい。
「あれは何の匂いだ?」「いままで嗅いだことのない異臭がする」
で、三日で味噌汁をやめたそうだ。

「ついでに、納豆も嗅がせてやったらよかったのに」
大笑いしたものである。




テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

 » »