タトゥイーン 2017年03月07日 音楽(其他) トラックバック:0コメント:14

ワトー
《スターウォーズVI》
タトゥイーンに住む廃品商人「ワトー」

ILLUSTRATED BY NANTEI

貪欲なワトーは、有数のギャンブル好きとしても有名でした。
あるとき大きな勝負に勝ち、アナキンとその母親を奴隷として手に入れたのです。
特にアナキンは機械の修理に関する特別な才能を持っており、そのおかげでワトーは多くの富を築き上げました。
しかし、せっかくの富もギャンブルで負け続けて、とうとうアナキンを手放す羽目に・・・。
このアナキンが後にダース・ベイダーとなるわけですが。


映画「スター・ウォーズ」シリーズで、
主人公ルーク・スカイウォーカーの故郷として描かれた、2つの恒星を公転する架空の惑星、
「タトゥイーン」にそっくりな惑星系が存在する証拠を発見したとの研究結果が先月27日、発表されました。

タトゥイーン似の惑星が存在するとみられるのは、地球から約1000光年の距離にあり、
白色矮星(わいせい)と褐色矮星という恒星2個を持つ連星系「SDSS 1557」。
この2恒星の周囲を公転する破片から、この惑星の存在が示唆されたのです。

研究に参加した英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の声明によると、
「破片は岩石質とみられ、これはタトゥイーンに似た地球型惑星が、
連星系内に存在するかもしれないことを示唆している」そうです。

これまでに連星系を公転することが分かっていた惑星はすべて、木星に似た巨大ガス惑星でしたが、
今回の研究では、SDSS 1557内にある惑星を直接検出はできなかったものの、
岩石惑星に多くみられるケイ素やマグネシウムなどの金属含有量が高い惑星物質が発見されたということです。

研究チームは当初、SDSS 1557には恒星が白色矮星1つしか存在しないと考えていましたが、
今回の発見は「完全に予想外」だったと述べています。

というわけでタトゥイーン実在?を祝って、おなじみのこの曲。
今回は天才少女の演奏でお届けしましょう。




スポンサーサイト

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

奇跡の歌声? 2017年02月21日 音楽(其他) トラックバック:0コメント:22

サラ。

奇跡の歌声、そして《サラ》といえばイギリスの歌手サラ・ブライトマン。
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の爆発的ヒットは、まだ記憶に新しい。

だが現在、「奇跡の歌声」「サラ」で検索すると、いきなり《サラ・オレイン》という名前がヒットする。
Wikiで調べるとサラ・オレインは、1986年オーストラリア生まれのヴォーカリスト、ヴァイオリニストとある。
母は日本人の音楽家で、5歳からヴァイオリンを学び14歳より声楽のレッスンを受ける。

シドニー大学へ入学。在学中は言語学および音楽学(パフォーマンス・作曲・音楽理論)を専攻した。
2006年、世界の大学成績優秀者上位10%のみ入会が許される ゴールデン・キー国際名誉協会員に選ばれる。
学業に励む傍ら、ヴァイオリニストとして多くの演奏会を開いている。

2010年、シドニー大学をハイディスティンクション(最高点)で卒業。
2012年6月デビューアルバム 「セレステ」発売開始。セレステはiTunesヴォーカルチャートで1位となった。
2016年4月より NHK Eテレ おとなの基礎英語のレギュラー出演開始。
2016年5月5日 第一ホテル東京にて初のディナーショー開催。

ざっと、このようなプロフィールだが、直近ではこの歌声を耳にした方も多いだろう。
NHK金曜ドラマの主題歌『Little Doll』



その歌唱力もさることながら、
絹のようなビブラートが、まことに美しい。




テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

鄧麗君 2017年02月03日 音楽(其他) トラックバック:0コメント:14

POPSを歌う。

鄧麗君(テン・ルクン)とはテレサ・テンの台湾名です。
そのテレサ・テンが、POPSも多く歌っていること、
あまり知られてないようですね。

img487.jpg
ILLUSTRATED BY NANTEI


これがなかなかいいんです!
きょう紹介するのは1980年代の初め、
シャーリーンが歌って大ヒットした《I've never been to me》です。
日本題は《愛はかげろうのように》。




テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016年10月21日 音楽(其他) トラックバック:0コメント:14

ペーソス。

南亭はたいへん寝付きがよろしい、らしい。
横になったかと思うと、もう寝息を立てていると連れ合いがいう。
多少小馬鹿にしたような、時にはやや腹立たしい口調だが。

寝入ったら朝まで白河夜船である。ほとんど。
如何に能天気なじじいかと、我ながら思う。

そんな南亭でも月に一度は深夜に目が覚めることがある。
たいしたことではない。だいたいが生理的な理由である。
済ませるとさすがに、すぐ眠れるという訳にはいかない。

そんな時は枕元のラジオで、FMの深夜番組を聴くことにしている。
深夜だから騒がしいパンクロックなど流すわけはなく、
たいがい静かな語りと、静かな音楽で時が過ぎてゆく。

ある夜、聞いたような、聞いたことのないような歌が流れていた。
それから暫く経った深夜にも。

ということは、それなりに人気のある歌なのだろう。
その『男の子守唄』を歌っているのは、関西お笑い界の重鎮、オール阪神・巨人の巨人さん。

この歌は、一拍目が強調される我が國独特の歌い方である。軍歌や寮歌に多い。

「ここーはおくーにを何百里ー♪
「つまーをめとーらば才ーたけてー♪

また、こういう流行りの歌もある。

野坂昭如の
「おとーことおんなーの間にはー♪
寅さんが歌う
「おーれがいたーんじゃおよーめにゆけぬー♪

などなど・・・

野坂さんや寅さんの歌にペーソスを感じるのは、歌い方が朴訥だからでもあるし、
それなりの人生を経てきた男の深みが、得も言えぬ哀愁を漂わせるのかもしれない。
このオール巨人さんの『男の子守唄』も、まさにそんな歌である。



老い~ゆくわが~身のせつ~なさは~ 夜ぞら~に消えゆ~くながれ~星~♪

か・・・

ちくしょう!



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

怪しき 2016年09月09日 音楽(其他) トラックバック:0コメント:14

地蔵和讃。

小さい頃、こんな歌を聞いたことがあります。
全部は覚えていませんし、覚えられるような歌ではありませんでしたが、
この部分だけはずーっと頭に残っていました。

「ひとつ積んでは父のため。ふたつ積んでは母のため。」
あとは「賽の河原のものがたり」というところです。
子供心にも悲しく、またおどろおどろしいような気持にさせられたものです。

最近、ふとした時にそのことを思い出しまして、
そうすると一体これはなんのだろうと気になって、落ち着かなくなるのですね。
こんな時、NETというのはまことに有難いもので。

「ひとつ積んでは父のため」で検索したところ、即座に『地蔵和讃』がヒットしたわけです。
たくさんのスレッドを纏めてみますと、こういうことらしいです。

地蔵菩薩は平安時代から広く信仰されるようになり、
六道の救済に当たることから、六地蔵の信仰が生まれたそうです。
(六道とは、仏教において6種類の迷いある世界のこと。天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道をいう。)

また、幼くして亡くなり賽の河原で苦しむ子どもを救う話は、
「地蔵和讃」によって民衆に広がり、多くの地蔵石仏が作られました。

江戸時代になると地蔵信仰は民間信仰と結ばれ、
子育て・盗難除け・病気平癒など庶民のあらゆる願いをかなえてくれる仏として、
津々浦々で祀られるようになったといいます。

中でもあの世において亡者を救う思想は、子を失った親たちの信仰を集めました。
地蔵と子供は強く結びつき、子育地蔵・子安地蔵の名で信仰されている地蔵も各地にあります。

「地蔵和讃」は地方によってさまざまに歌われていますが、
今回紹介する歌が最も原型に近いそうです。





「地蔵和讃」とは異なりますが、地獄の世界を語った「説教節」というのもありまして、
佐倉市の民族歴史博物館では、《覗きからくり》とともにこの「説教節」を聴くことができます。

覗き

覗きB

なかなかにシュールな世界です。
是非一度、ご覧になっていただきたいのですが、
佐倉は遠いですね・・・・。



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »