南回廊 2010年12月29日 文学 トラックバック:0コメント:24

ウインター
ILLUSTRATED BY NANTEI
「幻惑の四季」より(冬)編

浮遊するステゴザウルスの骨たちよ
ウルクの都に降りてジグラトの天辺で待つがいい
女神ナンナルが裳裾をたくし上げるとき
その両脚の間に忍び込むのだ

一千年ののち汝らの一人は砂漠の王となり
やがて真っ赤な瞳を持つ娘を産むであろう
その娘は二千年生き永らえて
地底の支配者となるのだ

また汝らの一人は三千年にわたって月の海を這いまわり
炎を吐く舟を迎えなければならない
舟の底にはナンナルが眠っている筈だから
必ず月面にジグラトを築け

●●●
「南亭」は本日で年内の営業を終了させていただきます。
この何カ月、かように下手物ばかりの居酒屋とお付き合いいただき、
「南亭」亭主、こころから感謝しております。
来年は・・・夜逃げしておるやもしれません。
5日になっても暖簾が出ていない場合は御察しください。


それでは、みなさまよいお年を。
</div>
スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »