南回廊 2011年11月29日 俳写 トラックバック:0コメント:36

初冬雑詠。
さて11月も明日で終わるわけですが、
この神無月と呼ばれる11月に、南亭は一つ齢を加えてしまいました。

この頃は加齢に対してだんだん感慨が薄くなってきて、
先に不安を抱いたり過去を悔やんだりということさえも、
殆んど頭の中から抜けつつあるようです。

もしかしたら、どうやらお目出度くなってきたのではないだろうかと考えないでもないのですが、
それさえも一杯の焼酎で雲散霧消してしまうようになりました。

ま、明日はどうなることか分かりませんが、
あいかわらず脳天気な写真俳句を作りましたのでお笑いくだされ。

俳写1

俳写4

俳写2

俳写3

俳写5

予兆1


倶楽部3


スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »