南酒房 2013年05月30日 料理(韓) トラックバック:0コメント:28

焼き肉、焼き肉、ヨロレイヒ~♪。
牛肉、それも霜降りのステーキが食べたい!
そう思いながら何年過ぎただろう。

いや霜降りのステーキ肉でなくても、牛肉の旨味を思う存分に堪能したい。
そう思いながら何カ月過ぎただろう。

そんな折も折、例の激安スーパーで「牛肉半額セール」だというではないか。
これを見逃したらいつ牛肉が食えるというのだ!

で、やっと手に入れました和牛切り落し、200g400円!

しかし店内でこれでもかと流しているヘンな歌は、
著しく肉食のアドレナリンを活発にさせるではねえべか。
これは一種の野師的狡猾的販売的サブリミナルでねえべか?

ま、いいか・・・。

やきにくA

肉は醤油、酒、胡麻油、すり大蒜、砂糖で作ったタレに漬け込んでおく。
焼く・・・口に入れる・・・咀嚼する・・・恍惚。。。

やきにくB

ジャガイモのサラダも作るチャングム。
皮を剥いたジャガイモを4等分に切り、レンジで柔らかくしたら、
キムチとマヨネーズで和えて、白炒りゴマと万能ネギを乗せた韓国風サラダでスラッカン。

やきにくC

ナムルはたまたまあったチンゲン菜と、おなじみのモヤシだっペ・ヨンジュン。

やきにくD

スープはシメジとニラの鶏ガラスープでチャン・グンソク。

やきにくE

なーんてバカを言ってるうちに、平らげてしまったチェ・ジウ!



スーパーで流れていたヘンな歌とは、これ。




スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »