南回廊 2014年01月30日 俳句写真 トラックバック:0コメント:58

一月を詠む。
気がついたら、今年も30日を消化してしまいました。
お屠蘇を呑んだのは昨日のようでもあり、また遥か昔のような・・・。

ともあれ稀にみるだらしのない一月を送ってしまったわけで、
そろそろしゃきっとしなければいけないなあ、と渋々ながら重い腰を上げたのです。

社会復帰(?)の第一歩は・・・
とりあえず、写真俳句から慣らし運転といきましょう。

4-0109B.jpg



3-0113(5.jpg



4-0109.jpg



3-1207X.jpg

冷まじ(すさまじ)とは、ぴんと張り詰めた緊張感が漂う寒さのことです。
晩秋の季語ですが、冬の季語としてもおかしくないように思うのです。


4-0109F.jpg



3-0115G.jpg

千両  万両
千両              万両


3-0114.jpg 

昭和2年に公布された《兵役法》では、男子は満20歳になると徴兵検査を受ける義務が課せられました。
検査の「合格者」は兵力が不足すると、召集令状によって軍隊にかり出されたのです。

ゲートルは脚絆ともいい、脛に巻きつける布または皮製の被服。
旧日本軍ではこのゲートルが軍装における必須の一部でした。






img004.jpg

恥ずかしながら帰ってまいりました!


スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術