バベル 2017年04月25日 美術 トラックバック:0コメント:4

INSIDE BABEL

上野・東京都美術館で18日から、ブリューゲルの傑作「バベルの塔」が展示されます。
24年ぶりのことだそうで、他にもヨーロッパでは現在ブームとなっている、ヒエロニムス・ボスの作品を始め、
16世紀ネーデルランドの画家たちによる作品も90点近くやってくるという「バベル展」。
たいへんな混雑が予想されるようです。

BABEL.jpg

いちおう若いころにブリューゲル、ボスに影響を受けた私にとって、
なにがなんでも観ておきたい展覧会なのですが、タイミングによっては3時間、4時間待ちは当たり前といいますから、
脚に軽い血行障害を持つ身としては、まさに苦行のような時間です。

こういう場合の主催者側というのは、無慈悲なものですね。

4-0513C.jpg
(2014年国立博物館における「キトラ展」の混雑)

炎天下で何時間立っていようが、観たいのだったら我慢しろよー。
そういう声が聞こえそうで、罵りたくなった記憶が何度かあります。

ところで、この会期中、都美術館ロビーでもうひとつのバベルが展示されます。
それが「INSIDE BABEL」という作品です。

大友

「INSIDE BABEL」とは、バベルの塔の中はどうなっているのだろうという疑問を持った、
漫画家で映画監督の大友克洋さんが、実際にオランダのベーニンゲン美術館を訪れ、
美術館の学芸員との意見交換などを経て研究と検証を重ねた50枚を超えるスケッチを元に、
デジタルコラージュの手法で作成したという興味深い作品です。

「BABEL」と「INSIDE BABEL」。
是非観たいものですが、悩むところです。


参考として過去ログ、「ボッシュとブリューゲル」また「ボッシュとその時代」をリンクしておきます。




スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

 » »