地元ではしご 2017年06月24日 酒場 トラックバック:0コメント:22

酒場漂流記(五の巻)。

月曜日夜のBS-TBSに「酒場放浪記」という番組がある。
俳人でもある吉田類氏が、東京を中心に各地の酒場を巡るという内容で、
酒呑みには垂涎ものの番組である。

かくいう私も現役時代は放浪三昧だった。
出張が多かったせいもあって、全国さまざまなところで居酒屋の暖簾をくぐってもいた。

定年後は一変、夜の巷に出ることは滅多になくなり、ひたすら家呑みの爺さんになってしまった。
それでもなんだかんだと理由をつけては年に数回、ネオンを浴びに出かけているが、
往時に比べるとそう遠くもない酒場と酒場の間を、何ヶ月もかけて漂流しているようなものである。

その侘びしい漂流の軌跡をご覧になっていただきたい。
久々の第五回は地元飲みの話である。

ところで、私は地元で一人で飲むということは殆んどない。
ただし、ここに支社がある某社の人々とはよく飲んだ。

支社との会議は大概夕方が多かったせいもあるし、
また私も支社の連中も故意に夕方の会議を予定表に入れるようにしていたのである。
いわばそのまま酒場になだれ込みたいがための確信犯的な会議だったといっていい。

6-1014A.jpg

そのうちの一軒が家庭料理の「福酔」。
酒はもちろんだが、料理が美味しくて非常に落ち着ける店である。
だがやはり定年後は足を運ぶことが少なくなり、年に二三回という有り難くない客になってしまった。

6-1014B.jpg

ここの女将は俳人でもあり、お客は俳句愛好家も多い。
二階にある店の窓には、女将がその月に詠んだ俳句が飾ってあり、
昼間その前を通る際は必ず見上げて「やってますねー」と独語するのが常である。

6-1014C.jpg

久しぶりに訪れたのは秋も深まった10月の半ば。
カウンターの上には大皿に季節の惣菜が盛られて並べられている。
これでもうお腹がぐうと鳴ってしまう。

6-1014D.jpg

6-1014E.jpg

先ずは酒と突き出しが出て、ちびちびやりながら大皿を物色するのである。
熟考の末、でもないが椎茸をいただく。ふっくらと煮えた椎茸の得もいえぬ香りと食感、そしてお味。
蒟蒻の煮しめもいただこうではないか。

6-1014F.jpg

必ず注文する豚バラ肉の串焼。
酒は房総の地酒「梅一輪」である。

ここで小一時間飲んだ後、地元では珍しくはしごする。
というのも気になる店があるからだ。

6-1014G.jpg

「福酔」のすぐ裏手にある「金角」もお付き合いが長い。
ここのマスターが胃がんの手術をしたという。
なかなか機会が無いので、お見舞いがてら立ち寄ってみようと思ったのだ。

思ったより元気なマスターの顔を見てほっとする。
マスターはというと大げさなほど喜んでくれて、
通常のつまみの他に、今は珍しい青柳の刺身を出してくれた。

6-1014H.jpg

「こんないい青柳は、滅多に口にできないよ」
その言葉どおり、磯の香りがたっぷりの青柳を含むと目が宙に浮いてしまった。

6-1014I.jpg

顔写真OKなのは、マスターがオールデイズのボーカリストでもあり、
毎土曜日の深夜、あるライブの店に出演しているからだそうだ。
胃を半分失ったマスターに、それでも「無理しないで」とはなんとなく言えない。

一度は聴きに行かなければと思うのだが、土曜の深夜に出歩く齢でもないので、
「そのうち、必ず」なんて曖昧な口約束をしている。


何年ぶりかの地元はしごは、昨年10月14日のことだった。
それからちょうど一ヵ月後、私は肺炎で入院する羽目になったのだが、
飲み納めの予感がしたのかも知れない。




スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

 » »