生誕90年 2017年03月19日 美術 トラックバック:0コメント:28

加山又造展。
加山又造は、革新的日本画家として戦後の画壇に新風を吹き込む一方で、
截金など古典技法の研究も深めるとともに、
多摩美術大学、東京藝術大学で教鞭をとるなど指導者としても大きな功績を残しています。

7-0303.jpg

その加山又造生誕90年を記念する展覧会が、日本橋高島屋で開催されました。
日本画、それも大家の展覧会に訪れることは滅多にない私ですが、
たまたま知人から鑑賞券を頂いたので、3月吉日、日本橋へ出かけたわけです。

日本橋は2年ほど前から再開発が進められ、
〔COREDO〕をはじめ新しい高層ビルが続々と誕生していて、
「お江戸日本橋」の面影がどんどん失われています。

7-0303A.jpg

そんな光景にも関心があって、やってきた高島屋ですが矢張り目を瞠るような変わりようです。
高島屋が押しつぶされそうなほど、左右に高層ビルまた裏手にも・・・。

7-0303B.jpg

しかし、百貨店建築として初の重要文化財となったという、この重厚な空間。
なんとも、いいものですね!

さて「加山又造展」です。

加山又造1

日本画を専攻しながらも、当時ヨーロッパのキュービズムに心酔した若き加山又造は、
動物、特に馬をモチーフとした実験的な作品を多数発表していますが、
これは全く知らなかったことですから、非常に興味深く鑑賞したものです。

加山又造2

そんな加山も、四十代から伝統的な様式美を追求するようになり、
名作「淡月」などの画境に至るのですが、

加山又造3

猫好きでもあったようですから猫の作品も多く、そのいずれもいきいきとした躍動感と生命感に溢れた傑作揃いです。
この「猫」という作品、会場ではいちばん人を集めていたようです。

7-0303C.jpg

日本橋、もうひとつの目的は高島屋から、ひとつ離れた脇道にあるこのビルです。
〔ぶよう堂〕という地図専門の書店が、この地下にあります。

7-0303D.jpg

あらゆる地図、それも畳二枚を超えるほどの大きなものも含めて、
地図に関心を持つ方たちには、またとない書店なのでしょう。

7-0303E.jpg

本体は〔武揚堂〕という地図の制作と印刷の会社で、
目黒にある工場を見学させていただいたことがありますが、
地図を制作してゆく過程の息詰まるような緻密さに、こちらまで緊張したことを記憶しています。

7-0303F.jpg

日本橋界隈は急激に変貌しているといいましたが、
裏通りにはまだ古い大正・昭和の光景が残っています。

7-0303G.jpg

その中でも極めつけはここでしょう。あなご専門店『玉ゐ』。
この「ゐ」がまた粋ではありませんか。

7-0303H.jpg

評判の店とあって表で待つお客が絶えません。

7-0303I.jpg

やっと店内へ。ここの人気メニューだという穴子の「箱めし」を注文しました。
焼き穴子はふわふわの食感で、しかも濃厚な旨みが溢れ出てきます。
それでも鰻よりは脂が少ないので、しつこく感じないのですね。
たいへんけっこうでした!

ともあれ、高層ビルに挟まれながら、こういう古民家が生き続ける。
是非、そうあってほしいものです。



スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

^^
加山又造~もちろん名前は知っていたのですが。
恥ずかしながら具体的な絵画が浮かんでこないんですよね。
なんとなく「カラスの絵」のimageがあるんですけど。
(彼はエッチング(版画)もやっていたんではないでしょうか?)

それで改めて検索して彼の描いた多数の画像を見ると。
確かにキュビズム的でありながら。
伝統美というか端正な佇まいのある絵画だなと思いました。

そういえば。京都の天竜寺で「龍の天井画」を見たことがありました。
作家名は記憶になかったのですが。加山又造だったんですね。
大の字に寝て仰ぎ見ると。龍の目が八方睨みなのがよくわかったものです。

素晴らしい日本画家です!^^)/
  1. 2017/03/19(日) 08:59:57 |
  2. URL |
  3. waravino #-
  4. [ 編集 ]
桜、シャム😺。何て素晴らしい^^
日本橋も時の流れとともに、変わらずにはいられないと思いますが、
勝手なもので、変わらない姿を期待してしまいます。
私が好きなのは人形町です。
仕事で足繁く通っていました。昔ながらの瀬戸物屋さんで、普段使いの
器を買うのが好きでした🎵

時には江戸の名残までチラッと垣間見せてくれる日本橋界隈。良いものですよねーー。
まして、NANTEIさまは、そこに続く一帯がフィールド^^
小さな露地にまで優しい視線を感じさせてくれる写真。素敵です☆彡
  1. 2017/03/19(日) 09:29:10 |
  2. URL |
  3. mimiha #-
  4. [ 編集 ]
長いもの
穴子 太刀魚 鰻に目がありません。
特に穴子は大好き 寿司屋で まづ尋ねるのは 穴子重です。
ここで食べたい! 東京に行ったら 絶対行きます。
  1. 2017/03/19(日) 10:02:01 |
  2. URL |
  3. 小紋 #-
  4. [ 編集 ]
晩年の水墨画はいいですね。
宋画を志向してるようですが、回帰かと思われるキュビズム的表現が面白い。
《山水雪景》は正しくそういう作品でしょう。
会場でご覧になりませんでしたか?

武揚堂がこんなところにあるとは知らなかった!
地球儀も随分揃ってるようですね。

日本橋、今行ったら浦島だろうなぁ。
  1. 2017/03/19(日) 10:42:10 |
  2. URL |
  3. ケンタロー #-
  4. [ 編集 ]
こんにちわ♪
わわわっ、大っきいアナゴ@@!
美味しそーっ!!

お店もかわいいねv-238
ここ日本橋?

無くなる前に行かなくちゃ(’ O ‘)
  1. 2017/03/19(日) 10:49:45 |
  2. URL |
  3. Elza #-
  4. [ 編集 ]
waravinoさん。
こんにちは。
私もこの辺の大家となると、殆ど知らなくて・・・
版画や陶器の絵付けも手を染めていたようです。

しかしキュビズムに傾倒していたとは驚きですね!
晩年の作品は、再びキュビズム的な様式美に回帰したように思えました^^



  1. 2017/03/19(日) 10:55:44 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
日本橋もずいぶん変わったようで。
東京は数年行ってないと、ウラシマになりそうです(笑)
高島屋って、いい展覧会を企画してますね。
山崎豊子展もそうだったような気がします。

その高島屋の裏手にこんな古民家があるとは!
以前東銀座の「秩父錦」もビルの谷間の古民家といった風情でしたが、
まだこうして大切に保存されているのですね!

こういうお店で食べる穴子、特に美味しく感じるのではありませんか^^?
お酒は、召し上がらなかったのでしょうね。



  1. 2017/03/19(日) 13:07:08 |
  2. URL |
  3. Toku #JalddpaA
  4. [ 編集 ]
こんにちは。

地図に目が行きました。
子猫達と地図売り番よく言ったなぁ~!
と懐かしく・・・。

東京
都市開発が進んであらゆるところが変わっているので
浦島太郎ちゃんの気持ちです・・^^
  1. 2017/03/19(日) 15:08:19 |
  2. URL |
  3. H.yamaneko #-
  4. [ 編集 ]
こんにちは~
あなご専門店『玉ゐ』に惹かれています。
今度上京したら行きたいけれど、わかるかしら?きっと迷うでしょう。

地図やさん、盲点でした。って、私には盲点が多いですが。。。
>地図を制作してゆく過程の息詰まるような緻密さ
 わかるような気がします。神経を使うでしょうね。
 盲点の一つに辞書作りもありました。
 ≪舟を編む≫(三浦しをん)は、本も映画も好評でしたからご存じかと思いますが、この本を読んだ時には我が無知さを思い知りました。

 余計なお世話かも知れませんが、
 舟を編む
  http://kosuzume3.blog109.fc2.com/blog-entry-1731.html に書きました。
  1. 2017/03/19(日) 16:52:27 |
  2. URL |
  3. こすずめ #-
  4. [ 編集 ]
すみません、忘れました。
加山又造、やはり猫の画が好きです。これ以外にもNANTENか何点かあると記憶していますが。
本当は、猫は苦手なんです。
  1. 2017/03/19(日) 16:55:48 |
  2. URL |
  3. こすずめ #-
  4. [ 編集 ]
mimihaさん。
こんにちは。

日本橋もそうですが、秋葉原もすっかり変わってしまい、
方向音痴になりそうでした(><)
東京は一年離れていると、たいへんなことになってます。

人形町あたりは昔のままですかね。
江戸の情緒を感じるところ、これ以上はいじくりまわしてほしくないです!

ナンテイの行くところが無くなってしまう(笑
  1. 2017/03/19(日) 16:58:28 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
小紋さん。
長いものには巻かれろ、という諺があります^^

太刀魚なんかいいですね~、あの長さは(笑)

穴子お好きですか?
鰻より好きだという方も多いようです。

高島屋の裏です、お忘れなく^^
  1. 2017/03/19(日) 17:05:10 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
ケンタローさん。
すみません、あまりゆっくり観れなかったので・・・
なにせ最終日前でしたから、ものすごい人!

ただ、最終のコーナーは水墨が多かったようです。

武揚堂、ご存知でしたか?
地球儀も印刷しているようですよ。

日本橋、刻々変貌しています。
浦島気分もいいもんですぞ(笑

  1. 2017/03/19(日) 17:12:18 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こんにちは
加山又造展のご紹介、日本橋、高島屋のご紹介記事よりも
最後の写真、穴子の「箱めし」にばかり、目が行ってしまいました。
お元気になられて良かった‼ ボリューム満点のお食事を
召し上がって、ご活躍をされているのですね。
濫造もこのような食事をしてみたい、思わず生唾が出ました。

  1. 2017/03/19(日) 18:05:39 |
  2. URL |
  3. Sosei濫造 #-
  4. [ 編集 ]
Elzaさん。
でかいのよね~@@

鰻だったら、五千円はするかな(笑!

壊れそうな店だからね、
早めに訪ねてくださいな^^
  1. 2017/03/19(日) 18:44:34 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
Tokuさん。
こんばんは。

日本橋だけではないですよ。
秋葉原、八重洲、どこもたいへんです!

高島屋はデパートとしては、非常に美術展に力を入れているようです。
高島屋の裏手はよき時代の雰囲気が色濃く残ってます。
目立たないような飲み屋とか、バーが多いので浮き足立ってしまいました^^

酒、呑みてーっ!!
  1. 2017/03/19(日) 19:00:14 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
yamanekoさん。
こんばんは。

地図に関わるお仕事でしたか?

地図の制作は緻密な作業ですからね。
雑なナンテイには向いてないです(><)

東京五輪・・・
東京だけが活気付いてるようで(・・”
  1. 2017/03/19(日) 19:18:40 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こすずめさん。
こんばんは。

『玉ゐ』はとても判りやすいです。
高島屋の裏、その角にありますから・・・^^

人生は盲点だらけのまま、だと思いますが、
私、その《舟を編む》もまったくの未知、未見でした。
タイトルは存じておりましたが、映画は殆ど観ない人ですし、
流行りの書籍も知らないという、アンテナの劣った人間です。

で、ご紹介の記事を読ませていただきました。
なるほど、事典の編纂を巡っての物語でしたか。

興味がわきますね!今頃ですが・・・(笑

  1. 2017/03/19(日) 19:37:16 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こすずめさん。
はい、この作品を中心に、あと数点ありました。

猫は苦手とか・・・。

私もどちらかというと、犬派です^^
  1. 2017/03/19(日) 19:39:55 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
濫造さん。
こんばんは。

活躍などと、くすぐったい限り(==)
ひとさまから頂いたチケットで展覧会。
鰻よりはずいぶんとお安い穴子で腹を満たして、帰宅しただけです。

しかし、こういう民家は気が休まりますね。

  1. 2017/03/19(日) 22:10:02 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
この画も素晴らしいですね!

猫に対するお茶目な気持ちがほんとによくでてる。

上手く描くだけじゃなくて 情感まで感じられる、まさしく芸術ですね~。
  1. 2017/03/19(日) 23:03:06 |
  2. URL |
  3. もこ #-
  4. [ 編集 ]
おはようございます♪

日本橋高島屋 こちらの難波の高島屋と雰囲気が似ています
それはそうだわね^^

加山又造展 このお方初めて知りました
NANTEIしゃんのおかげで色々と勉強させて頂いています =^-^=

穴子 大好きなのです 鰻は脂っぽいのでやや苦手
穴子派です 特に煮穴子 焼き穴子をわさびで美味しいね
今だったら少ししか食べられないけど・・・頑張って食べる努力します
  1. 2017/03/20(月) 06:52:07 |
  2. URL |
  3. はやとうり #-
  4. [ 編集 ]
おはようございます
淡月、猫ちゃんすばらしいですね
見ていても飽きません。好きですv-411

地図専門の書店やおいしい穴子の「箱めし」など
本当にお詳しいですね。。

りまどは、穴子は、今までに一度だけ
築地で食べただけです。味は、忘れてしまいました(ノД`)・゜・。
  1. 2017/03/20(月) 09:00:44 |
  2. URL |
  3. りまど #-
  4. [ 編集 ]
もこさん。
茶目っ気があるし、良く観察してます。

さすがに猫好きの画家!



  1. 2017/03/20(月) 09:10:51 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
はやとうりさん。
おはようございます。

難波の高島屋は知りませんが、似てますか?
時代が近いからでしょうね。

加山又造、実物を見たのは私も始めて(・・”
チケットを貰わなければ、知らないままでいたかも(笑

穴子をわさびで!
これ最高です。
あと出汁で茶漬けもいいですよ~(^^v
  1. 2017/03/20(月) 09:16:10 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
りまどさん。
おはよー!

猫ちゃんが、お茶目でいいですね^^
一番人気でした♪

この辺は仕事でもよく来ていましたから。

関東では穴子がよく食べられます。
てんぷらに、寿司に・・・
東京湾で捕れるのを、江戸前といいますが、
味的に区別がつきません(汗
  1. 2017/03/20(月) 09:22:10 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/20(月) 09:27:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
鍵コメさま。
こんばんは。
勘違いしておりました。
一桁多く見ていたようです。

目がかすんでいたのでしょう。
申し訳ありません。
  1. 2017/03/20(月) 19:46:05 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nantei1943.blog129.fc2.com/tb.php/1693-a7d213f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)