伝説のピアニスト 2017年04月15日 音(古) トラックバック:0コメント:12

BERMAN.jpg
ILLUSTRATED BY NANTEI
ラザール・ベルマン

リヒテルと私が4本の手で演奏してもベルマンにはかなわない。
エミール・ギレリスにそう言わしめた超人がいた。
それがラザール・ベルマン(1930-2005年)というピアニストである。
エミール・ギレリスとスヴャトラフ・リヒテルは、ともに20世紀を代表するピアニストだった。
その二人が驚嘆したラザール・ベルマンとは、どんなピアニストだったのだろうか。

レニングラードで生まれたベルマンは、2歳から母の手ほどきでピアノを弾き始め、
7歳で自作のマズルカをレコードに録音したという伝説を持つ。
しかし、その存在は西欧世界では殆ど知られていなかった。

それはベルマンの演奏活動が、ソヴィエトと東欧に限られていたからであり、
録音された音源もどういう訳か西欧圏に出ることがなかったからである。
ソヴィエトには巨大なピアニストがいるという噂が広まったのは、ベルマンが40歳を過ぎてのことであった。

そして1976年、ついに幻のピアニストがヴェールを脱ぐ時がやってきたのである。
それはアメリカ・オハイオ州のマイアミ大学でのデビューリサイタル。
ラザール・ベルマン45歳のことであった。

全国誌の音楽記者、音楽評論家たちが、マイアミ大学にかけつけた。
ベルマンのデビューは2大紙の「タイム」と「ニューズウィーク」に写真入りで取り上げられ、
アメリカ中の音楽愛好者の興奮をいやが上にもかき立てたのである。

このデビューリサイタルの後、ベルマンは引く手あまたとなり、
ドイツ・グラモフォンやEMI、CBSらが奪い合うようにして録音に起用するようになった。
初来日は1977年。日本のクラシックファンにも衝撃を与えたのは当然である。

私はその後発売されたアルバム「PLAYS LISZT」で、ラザール・ベルマンの洗礼を受けたのだが、
地響きするほどの、すさまじい演奏に放心状態となったものだ。

今回聴いていただくのは、その「PLAYS LISZT」からリストの超絶技巧練習曲4番「マゼッパ」。




スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

こんにちは。

中学生の頃リストに懲りましたが・・
この方にたどり着けず
その後グルダにはまり大分してからこの方を知りましたが・・
ラザールの曲を聴くのは初めてです。

今日はいい日になりそうです☆
  1. 2017/04/16(日) 12:49:47 |
  2. URL |
  3. H.yamaneko #-
  4. [ 編集 ]
こんにちは
リストのこの曲もラザールも初めて聴きました

リストは難しいです

2歳からとは親がすごいですね

本人の才能もあるけれど

恵まれていましたね 環境に。
  1. 2017/04/16(日) 16:15:24 |
  2. URL |
  3. ミニヨン #pgQJ7few
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
リストは苦手です。
譜面を眺めただけで私には無理。
手のひらが小さいので無理、無理(’ ‘)!

リスト弾きといえば、ジョルジュ・シフラが有名でしたね。
その後、リストを得意にするピアニストは知らなかったのですが、
ベルマンさんがそうだったとは勉強不足でした。

ほんとうに手が、それも名人の手が4本あるみたいですぅ。。。。。
似顔絵も今更ながらお上手♪
  1. 2017/04/16(日) 19:49:05 |
  2. URL |
  3. マルタ #-
  4. [ 編集 ]
yamanekoさん。
こんばんは。

先ずはハンガリー・ラプソディーですよね。
映画「オーケストラの少女」で知りました(笑

ラザール盤は、発売とともに手に入れました。
若い頃はけっこうミーハーで(^^”

いい日になりそうですか。
お役に立てて嬉しいです^^
  1. 2017/04/16(日) 19:59:03 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
ミニヨンさん。
こんばんは。

初めて聴いたときは、衝撃を受けました。

リストの難しさは、ひたすら高度な技巧の所為でしょうか。。。
親がピアノでそれなりの人だと、必ずその子供はピアニストにさせらるようです^^

それでもおっしゃるように、あとは本人しだいですね。
  1. 2017/04/16(日) 20:10:28 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/04/16(日) 21:41:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
ラザール・ベルマン…知りませんでした。

NANTEIさんは、洒脱でユーモラスな方と思いますが、
繊細な描画と造形深いクラシック音楽の世界にも精通なさっていて、
農作業もされる泥臭さも…

どんな方なのか?想像できません。
多才・多芸な方ですね。
  1. 2017/04/16(日) 22:37:17 |
  2. URL |
  3. こすずめ #CqptDIYc
  4. [ 編集 ]
マルタさん。
おはようございます。

弾ける方だからでしょうね。
楽譜を読むこともできるし・・・^^
たしかに手の平の大きさもありますよね。
なんでも一オクターブ半届かないと、弾けないそうで(・・”

シフラは歴史的なリスト弾きでした。
ベルマンより音は軽かったような気がしてますけど。

似顔絵のこと、いつもありがとうございます。

  1. 2017/04/17(月) 08:51:57 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
Rさん。
こんにちは。

それはたいへん!

了解です^^
  1. 2017/04/17(月) 08:54:32 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こすずめさん。
こんにちは。

ベルマンは今でもあまり知られてないようです。

いろいろ手を出してますが、
造詣深いといえるものは、自分の中ではゼロなんです。
いわゆるつまみ食いばかりなんでしょう(苦笑)

お恥ずかしい限りです。。。

  1. 2017/04/17(月) 09:08:08 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
外は雨、風。春の嵐?
こんな時間に、大変なピアノを聴いてしまいました。
春嵐です、正に!
知らなかったし、
ここ、気付くのも遅れましたし。

眠れなくなりそう。
  1. 2017/04/17(月) 23:51:35 |
  2. URL |
  3. Yukuko #T2PFTBgw
  4. [ 編集 ]
Yukukoさん。
内も外も春嵐というやつですね^^

さぞ眠れなかったことでしょう。

昼間、窓を閉め切って大音量で鳴らすと、
家がガタガタ揺れそうです(^^
  1. 2017/04/18(火) 11:48:15 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nantei1943.blog129.fc2.com/tb.php/1705-74fe6cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)