国宝、重文、又国宝 2017年06月13日 美術 トラックバック:0コメント:12

西大寺展。

西大寺は、奈良時代に創建された「南都七大寺」の一つに数えられ、2015年に創建1250年を迎えた。
奈良時代、聖武天皇・光明皇后の後を継いだ称徳天皇が「鎮護国家」の思いを込めて開創し、
東大寺などと並び称される寺格を誇った。
鎌倉時代には稀代の高僧・叡尊(えいそん)が、密教の戒律を重視した教え(後の”真言律“)を広め、
その弟子の忍性(にんしょう)また江戸時代に大和生駒山・宝山寺を開いた湛海(たんかい)らの活躍などによって発展し、
数多くの仏教美術の名品をいまに伝えている。


と、展覧会の案内パンフレットに書かれていた。

7-0609.jpg

その「西大寺展」は日本橋三越の並び、三井タワーの三井記念美術館で開催されている。

7-0609A.jpg

西大寺は真言密教の寺院だが、密教美術には独特のものがある。
まずは、「金剛杵」(こんごうしょ)「金剛鈴」(こんごうれい)といった修法具。そして多種多様の仏像、神像。

特にこの西大寺の造営に関わった僧・道鏡は、異様なほど多くの仏像を造らせた。
道鏡は女帝・孝謙天皇を誑し(たらし)こんだ怪僧として有名だが、
女帝の心の病を治癒せんがため、あらゆる諸仏・神に献身的な祈りを捧げたと言われている。

ただ今回、展示されるのは西大寺所蔵のものだけではなく、
元興寺、浄瑠璃寺、法華寺、岩船寺他一門寺院の名宝も一堂に会するという。
それらの修法具、仏・神像のうち国宝が11点、重要文化財は50点に及ぶそうで、
なんとも豪華な仏教美術展ではないか。

そのごく一部を紹介する。

7-0609-1.jpg

左は国宝の金剛宝塔。高さ約90cmの金銅製の塔で、木造建築の外観を忠実に模している。
内部には叡尊が所持していた舎利を納めていた。
右は文殊菩薩騎獅像。獅子に乗った文殊菩薩に4人の侍者が従う,いわゆる渡海文殊の作例。
細部まで彫技が冴えわたり、彩色もみごとである。

仏教美術といえば、やはり菩薩と童子が人気で、
今回も興正菩薩や普賢菩薩あるいは善財童子像には、幾重もの人垣が出来ていた。

これらの宝物はショーケースの中で陳列されているとはいえ、会場には一種独特の匂いが漂っていて、
いってみれば1200年の歴史が醸し出す匂いなのだろうか。
それは決して気の所為でなく、過去に訪れた古刹で嗅いだのと同じ種類のものだった。

7-0609B.jpg

三越周辺も再開発が急ピッチに進められていて、この三井タワーを初めCOREDO室町1号から3号館。
あるいはYUITOといった多目的タワーが立ち並んでいる。
日本橋も室町も往時の面影はすっかり失われてしまった。

疲れるような高層ビルの谷間に居てもしょうがない。
場所を替えるとするか・・・

(続く)

スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

コメント

そうなんですか。。。
東京で「西大寺展」!!知りませんでした。
私は広々とした敷地に屋根のラインが美しい左右対称のどっしりした西大寺さんが大すきで、ひとりでよくぶらりと出かけます。一門の浄瑠璃や岩船寺さんも市内から外れたところにありますがひっそりと風情があって深呼吸しにぶらりと行きます。西大寺さんは街中にありますが一歩門を入れば別世界。しーーーんとしています。で、帰りは門を出たら急に雑踏です。お寺さんで、大きな駅前で道に面してこういう賑やかな環境に建っているのは奈良では珍しいのです。奈良は街中には小さい隠れ古寺ならわりとありますが基本、お寺さんはしずかな所にあります。他のお寺さんは駅前にあっても小さめの田舎の駅が多く、静かです。

私は最初、灰谷健次郎氏の『兎の眼』を読んで、そこに西大寺が出てくるので行ってみました。
善財童子さんには引き込まれました。夕日が当たり本当に目が赤く光っていました。
釈迦如来立像もみられましたか?光背の彫刻がすばらしいですね。

改めて県外の方にいろいろ教えていただいてありがとうございました。身近すぎて私は逆に東京に行くことをかんがえていた、今日この頃です・・・(#^.^#)
また、旅を終えた仏様に会いに行きたいとおもいます。
  1. 2017/06/13(火) 15:34:22 |
  2. URL |
  3. てのりぱんだ #C/Rcg83E
  4. [ 編集 ]
てのりぱんださん。
こんばんは。

何度か訪れた奈良ですが、残念ながら西大寺には行ってないのです。
外れの岩船寺や浄瑠璃寺は訪れたというのに・・・。
そうですか、広くて静寂な寺域。
そう聞くと無性に行きたくなりました。

釈迦如来像は背中に電流が走るような感動でしたよ。
ともかく天平から鎌倉にかけての仏像は、桁違いに素晴らしいというしかありません。

良いものを見せていただきました。
出来るなら、本来あるべきところで拝観したいものです。
ぱんださんは、それが可能ですからなんとも羨ましいです^^


  1. 2017/06/13(火) 20:27:05 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
見たかった
一昨日で終わってしまったそうですね。
新聞の広告で知りながら行きそびれてしまった。
三井記念美術館はいい企画が多いね。
特に仏教美術に関しては瞠目の展覧会が何度か・・・。
西大寺をプロデュースしたのは道鏡でしたか。
なるほど、菩薩が多いわけだ。
道鏡はいろいろ言われてるけど、
道鏡死後、藤原政権が捏造したものが殆ど。
いつの時代も権力交代に付きまとうことですが。

それはそうとして、金剛宝塔の実物は見たかった!



  1. 2017/06/13(火) 21:14:28 |
  2. URL |
  3. ケンタロー #-
  4. [ 編集 ]
あの西大寺か!
こんにちは~。

地元では西大寺、と聞いて、お寺を思い浮かべる人は意外に少ないかも?

多くの奈良市民にとって、西大寺といえば近鉄のターミナル駅であって、その名の由来である西大寺には足を踏み入れたこともない、という人がけっこういるのです。境内の静けさは訪れる人の少なさでもあるでしょう。東大寺の賑わいを思うにつけ、東と西でこうも違うか、と思います。

境内は町中にしてはとても広いですが、往時の姿はそれとは比べ物にならないほど壮麗なものだったようですね。

大きなお茶碗でふるまわれる大茶盛は、春のニュースで必ず取り上げられます。

門前に奈良で一番かな?と個人的に思う洋菓子店があり、私は県民にしてはわりによく足を運ぶ方だと思います。
  1. 2017/06/14(水) 07:08:17 |
  2. URL |
  3. ぢょん でんばあ #-
  4. [ 編集 ]
おはようございます♪

流石東京ね 催し物の多い事
関西でやっていても 調べない 出掛けない ないないづくしで何も知らない

国宝の金剛宝塔 文殊菩薩騎獅像 仏教美術展 成る程ね

西大寺 そお遠くもないのに行った経験ないな 名前だけはよく知っています
  1. 2017/06/14(水) 08:15:54 |
  2. URL |
  3. はやとうり #-
  4. [ 編集 ]
ケンタローさん。
私も会期を間違ってまして、
今月いっぱいかと思ってました。
三井の企画、今度も面白そうです。

道鏡、ラスプーチン、ですか(笑
前の権力を否定する・・・
現総理もよく皮肉ってますね^^



  1. 2017/06/14(水) 10:21:54 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
ぢょんでんばあさん。
こんにちは。

奈良、地元でしたか?

当時の西大寺は平城京随一の敷地だったようで。

そうそう、興味深かったのは「大茶盛り」。
実際の茶碗と茶せんが展示されていました。

奈良は何度も行きましたが、
まだまだ知らないところが多いです。
この千葉ですら、行ったことのない道があるわけですから、
当たり前ですよね~^^;
  1. 2017/06/14(水) 10:48:45 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
はやとうりさん。
こんにちは。

多すぎて、何がなんだか。です^^;

ただ無料で楽しければ、どこでも行きますぞ(笑

しかし、国宝というのは有り難く見えるもんです^^!
  1. 2017/06/14(水) 11:02:43 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
こんにちは
立ち並ぶ高層のビル ビル ビル
地球ではないみたい
中に人間が居るなんて思えない

お寺の歴史も解らないけれど
たまに法事などでお寺へ行くと落ち着きます

獅子に乗った文殊菩薩像 魅かれます

それにしても南亭さんの情報入手、行動力には
いつも感心しています。
求める心に応じて何時でも出かけられるように
お身体大事にしてください。
  1. 2017/06/14(水) 12:30:00 |
  2. URL |
  3. ミニヨン #pgQJ7few
  4. [ 編集 ]
ミニヨンさん。
こんにちは。

>中に人が居るとは思えない

ほんとほんと(笑!
昔のSF作家もびっくりでしょう。

仏教美術が割りと好きで、告知があれば出来るだけ訪れています。

私も、こうして出かけられるのは今のうち、
と精を出していますが、都市の階段の多さには閉口します。
すぐにエスカレーターを探すようでは、あきまへんね(’o‘)
  1. 2017/06/14(水) 14:19:25 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
NANTEIさま こんにちは

ご訪問頂き有難うございます。
随分お久しぶりですね。
奈良には1~2度ばかり訪れたことはありますが、西大寺にはお参りしたことがありません。
西大寺は、奈良時代に創建され、東大寺などと並び称される格式の高いお寺なんですね。
今三井記念美術館で行われている西大寺展は、西大寺所蔵のものだけでなく、元興寺、浄瑠璃寺、法華寺、岩船寺他一門寺院の名宝も一堂に会するというもので、修法具、仏・神像のうち国宝が11点、重要文化財は50点に及ぶという豪華なもので、東京ならではですね。
地方ではこれだけの展示品を目にするのは珍しいことです。
NANTEIさまは、何時もこうした催し物を見られますので羨ましいです。
  1. 2017/06/14(水) 15:17:39 |
  2. URL |
  3. 花さか爺サン #-
  4. [ 編集 ]
花さかさま。
こんにちは。

こちらこそご無沙汰の限りで、申しわけありません。
私も何度か奈良を訪れていますが、西大寺は未見です。
東大寺と並ぶ格式ということさえ知りませんでした。
今回の展覧会で初めていろいろなことが判りました。

日本橋は、私のところからも一時間以上かかります。
東京にはこれはと思う企画が多いのですが、
月に一度行ければいいところです。

こちらこそ、ご丁寧に恐れ入ります。


  1. 2017/06/14(水) 19:52:12 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nantei1943.blog129.fc2.com/tb.php/1735-428a0b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)