2017年06月18日 音楽(古典) トラックバック:0コメント:12

宇宙
ILLUSTRATED BY NANTEI

数百曲残されているバッハの作品の中には、確固とした一つの宇宙が存在する。
それは古今東西を通じて人間の人の奥底に訴える普遍的な魅力に溢れるものである。
シュバイツアーやアインシュタインといった偉大な科学者がバッハに傾倒したのは、
その普遍性に依るところが大だったのは疑いもない。

なお無人惑星探査機ボイジャー1号には地球外知的生命体に遭遇したときのことを想定して、
地球上の音を収録した一枚のゴールデンレコードが搭載されている。
その中には宇宙物理学者の佐治晴夫さんが提案して、バッハの音楽がおさめられているという。



演奏は今私が最も注目している音楽家、鈴木雅明氏。
チェンバロ・オルガン奏者であり、バッハ・コレギウム・ジャパンの音楽監督でもある。
2012年ドイツ東部ライプチヒ市から「バッハメダル」を、授与された。

バッハメダルは毎年、バッハ作品の演奏に貢献した世界的な音楽家に授与されているが、
日本人の受賞は初めてのことである。



スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

コメント

こんにちは
偉大なるバッハと鈴木雅明氏にブラボー! 

感動しました・・・。

日本で初めてバッハメダルを授与されたとか 凄いですね!

18世紀のバッハの旋律に21世紀の私たちも感動している。

ボイジャー1号に搭載されているゴールデンレコードには

バッハの音楽も収められているとか

時代を超え宇宙人にも通用する音・旋律

・・・神秘です。

  1. 2017/06/18(日) 18:53:38 |
  2. URL |
  3. ミニヨン #pgQJ7few
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/06/18(日) 19:53:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
NANTEIさんおはようございます
ボイジャーにバッハの曲が?e-317
地球外知的生命体に遭遇した時のことを想定して・・・
なんか神秘的ですね
  1. 2017/06/19(月) 09:11:51 |
  2. URL |
  3. Hulahulaさん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]
ミニヨンさん。
こんにちは。

日本にしっかり西洋音楽が根付いた証拠かと思います。
非常に誇らしいことです^^
鈴木氏のご子息もバロック演奏の一人者といいますから、
嬉しいですね!

この親子の演奏は、一昨年のラ・フォル・ジュルネで聴いて感激したものです。

ボイジャーの話は、バッハがいかに普遍的かということ、
いかに偉大な音楽家かということ改めて思わされました。
  1. 2017/06/19(月) 11:49:17 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
鍵コメさん。
こんにちは。

若い頃は旋律の美しいロマン派の音楽に溺れましたが、
齢とともに贅肉の少ない音楽が心地よくなりました。
バッハはその最たるものだと確信しています。

私ですか・・・?
趣味にばかり走っていた、駄目なサラリーマンでした(汗
  1. 2017/06/19(月) 11:52:48 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
素晴しい演奏ですね!
知らなかったんですよ、この方。
足の動きにおどろき、検索したらまだ60代前半でいらっしゃる。
  1. 2017/06/19(月) 12:06:24 |
  2. URL |
  3. Yukuko #T2PFTBgw
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
日本にこういう素晴らしいバッハ演奏家がいらしたなんて、
全く存知上げませんでした。
そして今回取り上げていただいた前奏曲とフーガには、
言葉にならないほどの感動を覚えました。
このオルガンはドイツの教会でしょうか?
もう音色が全然違う気がします。

宇宙的な普遍性を持った音楽。
今初めて伺いましたが、非常に得心しました。
そしてバッハがボイジャー1号に搭載されているとか・・・
どんな曲だったのか、知りたいです。

そうそう、冒頭の絵画は南亭さんがお描きになったのですよね。
このままバッハ全集のCDに使っていただきたいです。
素敵です!

  1. 2017/06/19(月) 12:20:03 |
  2. URL |
  3. マルタ #-
  4. [ 編集 ]
Hulaさん。
こんにちは。

こういう話はロマンを掻き立てられますね♪

はやく地球外生命体と遭遇してほしいものです^^
  1. 2017/06/19(月) 18:13:54 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
Yukukoさん。
日本にもこういう素晴らしい音楽家がいらっしゃる。

ご子息もバロックの演奏家です。
実はおととしのラ・フォル・ジュルネで、
親子の合奏を聴いたのですが、非常に感動しました。
  1. 2017/06/19(月) 18:17:56 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
マルタさん。
さすがはです!
弾いているのは北ドイツの教会にあるオルガンです。
場所の名前は忘れました。すみません・・・

オルガンの音色は風土によって異なるそうですね。
イタリアのオルガンは、やはり明るい音色らしいです^^

ボイジャー1号に乗せたバッハ、
たしかにどんな作品か知りたいところです。

私のイラストは、シンセサイザーのCDが似合うかも(笑
でも、非常に嬉しいお言葉です♪
  1. 2017/06/19(月) 18:23:14 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/06/19(月) 23:13:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]
SECRETさま。
初めて見たお名前です。
もっとも・・・このところアンテナがひじょーに劣化してますから。

純粋な方が受け止めた根掘り葉掘りの裏話。
次回に是非聞かせてほしいです。
ゴシップだけが楽しみの日常になりましたゆえ。

ちなみに今回の映像は、先月某Eテレで放送されたものと思われます。
再放送の可能性大有り。
要注意。


  1. 2017/06/20(火) 08:38:14 |
  2. URL |
  3. NANTEI #8g7ZE2Jk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nantei1943.blog129.fc2.com/tb.php/1739-c5786ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)